優しさは努力と忍耐

看護師には自分にも他人にも厳しい人が多いと言う。
イメージ的には面倒見の良い優しい性格の人と思われ勝ちだが実はそうではない。
職場が職場なので甘えは許されない性格になるのだろう。
そしてタフな人が多い。
年齢を重ねれば重ねる程人は強くなって行く。
よく看護師には気の強い性格の人が多いと聞くが、
責任の重さが半端ない世界なのだから多少荒れた面を見せても仕方がない。

看護師の中でもキャリアを積んで行く度に自分の性格がどんどんときつくなって行くのが分かって悩んでいる人もいる。
些細な事で小言を言ったり陰口を平気で言ったりしてしまい、後でとんでもなく後悔をするそうだ。
自覚があるだけそれは辛い事なのだろう。
そんな時は職場を辞めて新しい環境に移る人もいるのだと言う。

しかし看護師は患者には多少厳しい指導をして行かなくちゃならない時がある。
言いつけを守らない人は一人や二人居て当然であって、常に目を光らせる必要だってあるのだ。

病棟勤務の場合夜勤もあるのでホルモンバランスが崩れるため、どうしてもイライラせざるを得ない時がある。
看護師は過酷なのだ。

それでも患者の前ではイライラを隠して穏やかに丁寧に看護をしなければならない。
看護師が患者に向ける優しさはそんな過酷なストレスと戦いながら見せてくれるのだ。